ルーペ

民族誌博物館ルペ

ルペ民族誌博物館について

民族誌学博物館は、16世紀に建てられたルペ(英語で単に「穴」という意味)と呼ばれる建物にあります。共和国時代、穀物の貯蔵は政府によって厳しく管理され、困窮者に無料で配給される制度もありました。

現在、ルペは民族誌博物館として利用されており、さまざまな民族衣装のコレクションや農業・農村建築をテーマとした展示が残されている。

しかし、ルペ美術館は「ゲーム・オブ・スローンズ」の撮影場所としても使われ、いくつかのシーンがここで撮影された。シーズン4では、ティリオン・ラニスターがオベリン・マーテルと出会う場所である。そしてシーズン5では、ハイセプトンがスパローズの集団に迫られて裸で通りを歩くシーンを覚えているだろう。あれは博物館の通りで撮影されたが、今は静かな住宅街になっている。

所在地