ミンセタ

ミンセタ砦

フォート・ミンセタについて

ドブロヴニクの大きなシンボルのひとつがミンセタ要塞です。城壁にある4つの砦の一つで、町を見下ろすように壮大にそびえ立っています。この印象的な建造物の建設は1319年に始まりました。当初は四角形の構造として計画されましたが、その歴史の中で様々な歴史的状況により、丸い塔となりました。有名な建築家ミケロッツォは、その形を現代の戦法に合わせたのである。ミケロッツォが市を去ると、シベニクの大聖堂で有名な建築家ユライ・ダルマティナクがこの仕事を完成させた。今日、ミンセタからはドブロヴニクを見渡す最も美しい景色を眺めることができます。丸い形とゴシック様式の冠を持つこの印象的な砦は、いくつかの場面で完璧な舞台となります。

9つの大砲とイワン・ラブジャニンによって作られた1つのブロンズ砲でミンチェタはドブロヴニクの防衛に重要な役割を担っていました。その名は、今日ミンチェタ要塞が建っている土地を所有していたメンセティック家に由来しています。

所在地